妊娠線 消す ダーマローラー

ダーマローラーにて「妊娠線」を消す方法

医療用ダーマローラー

ダーマローラー肉割れや、妊娠線を消す効果の他、顔のシミ・シワ、ほうれい線の改善。

ニキビ跡の治療にも利用されています。

細く細かい針が無数に付いたローラーを「皮膚」の上で転がし『目に見えない小さな穴』を作ります。

その穴の傷を修復するために肌内部のコラーゲン生成量が増大されます。

これによって様々な肌状態の改善が期待できるドイツ生まれの美容法です。

 

 

ダーマローラーで妊娠線をケアした女性の画像

ダーマローラーで妊娠線をケアした女性の、お腹のビフォーアフター画像

ダーマローラー妊娠線消す方法ビフォーアフター画像

引用:New Health Advisor 参考:シワ、妊娠線、傷跡

とても綺麗に、妊娠線が消えています。

 

無理せずマイペースでダーマローラーを継続することがポイントです。

 

ダーマローラーであれば、「ピーリング治療」では難しい「薄い皮膚」などに対しても使用可能です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸の注射と違い「自分の体内にある治癒力」を利用するので副作用の心配もありません

さらに、ダーマローラーは「肉割れ跡」の治療にも利用されています。

 

ちなみに、妊娠線の跡は「肉割れの一種」です。

 

ダーマローラー後は肌内部に美容液なども浸透しやすい状態になっています。

 

肉割れ(妊娠線)改善には「リジェン

リジェン」はニキビ跡(クレーター)、傷跡、肉割れ妊娠線)の改善を促進します。

 

ダーマローラー 美容液
>>リジェンの詳細

 

 

ダーマローラー後のケアに成長因子として「ヒトプラセンタジェル

ヒトプラセンタジェル
>> 【成長因子】ヒトプラセンタジェルの詳細

 

 

この2つがダーマローラー後のケアに人気です。

 

ダーマローラーで妊娠線を消す動画

このように、ダーマローラーを妊娠線の跡に対してスライドさせながら使用します。

妊娠線への使用方法は、基本的に他の部位と同じです。妊娠線が出る「お腹」は比較的、ダーマローラーをセルフ使用しやすい個所です。

 

また顔への使用と比較して、痛みが少ないのでやりやすい個所です。

ダウンタイム中も、服で隠れるので気楽です。

 

妊娠線をダーマローラーで消す時の痛みを緩和する方法

しかし、実際にダーマローラーを使ってみて「痛い」と感じた場合は「麻酔クリーム」を使うとより楽にローラーを使うことができます。

 

麻酔クリームは、「医療レーザー脱毛」や「ダーマローラーの施術」で使われていますので馴染みのある方も多いでしょう。

 

麻酔クリームを、上手に活用することで「痛み」を抑えてダーマローラーを自宅にてセルフ利用できます。

 

>> 人気の「麻酔クリーム」を見てみる

 

上記の麻酔クリームは、多くのダーマローラーユーザーの方にセット購入されています。

 

ダーマローラーが「痛い個所」で重宝する他、施術後にチクチクと痒みがしたり痛みが残っている時にも、麻酔クリームは重宝します。

 

常に自宅に一本以上麻酔クリームのストックがあれば、「いざという時」にすぐに使えて安心です。

 

 

ダーマローラーの効果をさらに高める方法

ダーマローラーは単体利用でも、高い効果が報告されています。

また、「ビタミンC入りの美容液」と併用することで、より高い効果が期待できます。

 

さらに単体使用でも人気の高い「ヒトプラセンタジェル」との相性も良く、併用されている方が増えています。

ダーマローラーで妊娠線を消す方法

>> ヒトプラセンタジェルの詳細をチェックする

 

 

2019年12月14日